トスの飛距離をアップさせるには?
〜 「トスの飛距離アップ」練習方法 〜 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>「トスの飛距離アップ」練習方法 〜 続き

続き 〜 まとめ

そして「おでこの前でボールを捕らえる」練習は、対人のときでも、もちろん「おでこの前でトスする」ことは意識しつつ、そして、これはシートをフルに活用して、シート中はもうずっと呪文のように「おでこの前、おでこの前・・・」と、意識し続けることから始めてみてください。

意識して、意識して・・・・と、何かの騙し屋みたいですが(汗)、意識することで、「そうしよう・それに合わせよう」と、体は動き方を必ず変え始めますし、バレーは感覚でやる部分も多く、「意識して修正・習得」ってこと、けっこうあるかと思いますので、最初は騙されたつもりでも、ぜひ意識から!

また、他にも、乱打やゲームの中・・・生きたボールがトスできる場だったら、意識する場所はどこでもいいのですが、シートはボールがあまり落ちない分、トスも数多くできますし、ゲームや乱打では、トスの種類や采配など、他にも考えることがいっぱいで、なかなか「おでこの前」に集中できないかと思います。

ので、よりシンプルに、かつ生きたボールで練習できるシートの場が、自分は基礎の習得場所として、もってこいだった気がします。

ということで、以上、簡単にでしたが、またこんな方法も、ぜひご参考に練習してみてください。

で、締めくくろうと思ったのですが、「トスはおでこの前・・・」っての、実はこれ、もうちょっと続きがあるというか、もう少し根が深かったりするんです(汗)。。

たとえば・・・・
「前から『おでこの前』でトスしようと意識してるんだけど、実際のトスになると、なぜか、おでこの前じゃなくなってるんだよ。」
とか
「トスのボール、『おでこの前』で捕らえてると思うんだけど、なぜか体に力が入らないんですが・・・・」

とか、そんな感じの人も、いますよね??

実はここら辺、もしかすると、また別の原因が関係してて、うまくいってない可能性もあるんですよね。
もう少し、何かが足りてないのです。。

ただ、ここら辺を書き始めると、またどんどんズレてってしまいますし、また長くもなってしまいますので、ここで一旦、「トスの飛距離をアップさせるには?」については、これで終了し、もう少し突っ込んだ「トスはおでこの前」ネタは、別途専用のネタを立ち上げて、そこで書いてみたいと思います。

基本中の基本の「トスはおでこの前で」・・・・・実はこれ、ボールを飛ばすためだけではなく、他にもこう言われるだけの・大切な理由いろいろもあったりしますので、そこら辺も含めて、ぜひそっちで詳しく。
(いつもなかなか更新が遅くて、ホントすいません(汗)が、またそのウチ。。)