トスの飛距離をアップさせるには?
〜 「トスの飛距離アップ」のための練習方法 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>「トスの飛距離アップ」のための練習方法

「トスの飛距離アップ」のための練習方法をちょっとご紹介

もう既にやってる・取り入れてる人もいるかもしれませんが、ご参考程度に、ここまで紹介した「イメージ」や、「体の使い方」を実際やるに当たって、自分がやってた練習方法を少し書いてみたいと思います。

ので、「具体的にはどんな練習をしたらいいの?」って人は、またちょろっと見てみてください。

まず「全身のバネの力」を使って、よりトスを遠くに飛ばすための感覚は、「ほぼ『対人パス』をちょっと工夫したもの」で、覚えた気がします。
工夫と言っても、ただ対人パス中に、相手との距離を長くするオーバーパスを取り入れるだけなのですが(笑)・・・・。

基本のオーバー対人が終わった頃に、「ちょっと長めかな?」くらいの距離まで、2人の間隔を広げて、オーバーは普通に続けながら、その間隔を序々に広げていくような対人パスです。

半強制的にでも・より遠くへボール飛さないといけない環境を作ると、体は自然と「遠くへ・・・遠くへ・・・・」と、全身のバネを使うような動きをしますし、ボールは正面からのイージーなボールしか飛んでこないので、ボールを飛ばす動きを体に覚えさせるだけの練習には、ピッタリかと思います。

また、このとき「相手のおでこにきちんと返す」意識も忘れないようにしていれば、長距離のトス・・・・2段トスなんかの精度も合わせて磨かれますので、これも忘れずに意識してみてください(笑)。

あと、1人のときでもできる方法・・・・
バスケットリングを使う方法で、リングから「これくらいなら届くかな?」という、自分のいけそうな遠い距離まで離れて、床にボール投げつけて・1バウンドさせたボールを、リングを目がけてトスする

ってのも、遊び感覚で気軽にできる・良い練習だった気がしますので、こちらもまた、ぜひ取り入れてみてください。