トスの対応範囲を広くする「セッターの動き方」 そのちょっとしたコツ
〜 まとめ 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>セッターの動き方 まとめ

まとめ

ということで、ここまで「セッターの動き方」に焦点を絞って、ネタを書いてみました。

たった2つのこと・・・・
しかも、「セッターポジションまでいち早くダッシュ」と、「足に力を入れた状態で、次のダッシュに備えておく」というような、意識すればすぐできるような簡単なことではありましたが、自分ではなかなか気づきずらいことでもありますし、気づけば、トスの対応範囲を広くする、とても効果があることだと思います。

2つ目なんかは特にで、意識してみると思った以上に、効果が実感できると思います。

ただ、いつもより動けるようになる分、最初はものすごく疲れるかと思いますが(笑)・・・・・。

「セッターの動き方」、その目標とするところは、最終的には

乱れたボールでもより早くボールの下に入り込んで、そして、どれだけいつもと変わらない安定した体勢でトスを上げれるか

ってことに、やっぱりなってきますよね。

自分がトスに対応できる範囲が広ければ広いほど、自分の中の安心感や余裕も全然違ってきますし、そして、いろんなネタでも言ってますが、トスってのはやっぱり「自分の感覚が頼り」のところもありますので、「自分のいつもの形でトスできる範囲を広くする」ってことは、セッターにとって、とても大切なことだと思います。

ので、サーブレシーブが乱れると、途端にトスが上がらなくなる人や、動き方に不安があるセッターの人は、自分の「動き方」、これにも注目して、ぜひまた試してみてください。