トスの対応範囲を広くする「セッターの動き方」 そのちょっとしたコツ
〜 2つ目のコツ 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>セッターの動き方 2つ目のコツ 続き

次のダッシュへの備え 続き

「力を抜いてリラックスする」ことは、力みにくくなりますし、バレーにおいて悪いことではないのですが、ただ、足の力まで抜いてしまうと、ちょっと問題が出てきます。

足の力ってのは、いったん抜いて開放してしまうと、また力を入れるのに、少し溜める時間が必要になってくる力をでもあったります。

そして、わずかな時間ではありますが、その力を溜める時間の分、「あっ、乱れた」と思ってもすぐに動き出すことはできなくなってしまうんですよね。

これが、出だし・動き出しの一歩の差にもつながり、短い時間のことではありますが、自分が思ってる以上に後あと、差がでてくるところでもあったりします

ということで、セッターポジションにだどり着いてからは、

  • この「ホッ」とする気持ちと、「待つ」感じを、一度リセットして、ここでもう一度、次のダッシュの準備をする
  • サーブレシーブが乱れることを想定しておき、乱れてもすぐ動けるように、少し腰を落とし、足には力を入れた状態にしておく

これを、心掛けてみてください。

乱れたボールへの出だしの一歩が、全然違うことが感じられると思います。

ちなみに自分は、「サーブレシーブが乱れることを想定しておく」というよりも、「いつもサーブレシーブは乱れる」って思うようにしてました。

決してチームメイトを信用してないってわけでは、無いですよ(汗)・・・・・・元がのんびり屋で、すぐ思ってたことも忘れてしまうような性格なので、そう自分に言い聞かせてないとダメだったんですよね。。。

でも、セッターとしては、それくらい思って・心構えをしてても損はないですし、その方がより効果があるような気もします。