トスの対応範囲を広くする「セッターの動き方」 そのちょっとしたコツ
〜 1つ目のコツ 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>セッターの動き方 1つ目のコツ

【動き方のコツ:その1】
まずは、決められたセッターポジションまでは、いちもくさんにダッシュ!

まずこれを一つ目に心掛けてみて欲しいと思います。

ボールの下に入るのがいつも遅れる人に多く見られるのが

  • サーブの行方を見ながら、そのサーブに合わせて動くような動き方
  • サーブのスピードが速ければ、ダッシュするけど、ゆっくりのサーブだと、自分もそのサーブに合わせて、ゆっくり動いてしまうような動き方
なのですが

これをやってしまうと、サーブレシーブが乱れたとき、自分がまだ動いている途中で、急に方向転換をすることになりますので、次の動き出しの一歩がどうしても遅くなってしまいます

そして、サーブレシーブの返球によっては、ボールを追いかける感じにもなりやすい分、ネットに近いボールに弱くなってしまうんですよね。

セッターポジションにいれば、少し背伸びやジャンプすればトスできるようなボールでも、全部、成功率の低いネットプレーで処理せざる負えない状況になってしまい、縦横の範囲だけでなく、さらに高低の自分のトスできる範囲も狭くしてしまいます

ので、まずは

  • 飛んでくるサーブなんかは、見向きもせず、とにかく、まずはセッター・ポジションにいち早く行くことだけを考えてダッシュし
  • そして、次のボール・・・・乱れたときのボールは、その定位置について、一旦動きを止めてからまた対応する
ってことを、まず一つ目に心掛けてみてください。

ちなみに、早く定位置に行くメリットは、レシーブする人の目印にもなるというメリットもあったりします

サーブレシーブをする側からみると、「セッターにボールを返そう」と思ってサーブレシーブしてますので、その目標のセッターが少しでも視界に入ると、安心しますし、具体的な目印にもなりますので、レシーブしやすいんですよね。

ということで、まずは、「セッターポジションまでいちもくさんダッシュ」、これが「セッターの動き方」一つ目のポイントです。