トスの対応範囲を広くする「セッターの動き方」 そのちょっとしたコツ
〜 「セッターの動き方」でネックになってくるのは? 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>セッターの動き方での悩み

いつも決まったところにサーブレシーブが返ってくれば楽なのですが・・・

実際、なかなかそうはいかないですよね。

相手チームも、こちらの守備を崩そうと必死でいいサーブを打ってきますので、カットが乱れることもよくあることですし、そして、全然自分が予想していない・厳しいところに上がったボールを追いかけて、何とかトスにする・・・・そんな場面も、セッターにとってはよくあることだと思います。

また、「相手がサーブを打つまで、各ローテから動けない」という、ローテーションの制約も、セッターにとってはけっこう厄介なルールですよね。

あのルールさえなければ、そんなに急いでダッシュすることもなく、セッターポジションでボールを待ってることもできるのに・・・・そう思う人もいるんじゃないでしょうか(笑)?

ということで、セッターの「動き方」ってことに焦点を絞って考えたとき、思いつく悩みどころといえば

  • サーブレシーブが乱れたとき、ボールの下に入るのが遅れてしまう
  • そして、そのボールの下に入るのが遅れた分、不安定な体勢でトスを上げることになってしまい、その分、トスも思ったように上げられない or 乱れてしまう

こんな悩みが一番多いのではないのかな?と思います。

どこに飛んでくるか分からないボールなんて、追いつくだけでも大変なのに、そのボールを正確なトスにしてアタッカーに上げるなんて、よくよく考えれば大変な作業ですよね。

では、そんな悩みを改善してくれるような、セッターの「動き方」のコツなのですが、これは主に2つあって、これを意識するようにするだけでも、トスの上げやすさは、全然変わってくるような気がします。