トスを操りやすくする ちょっとした足の使い方
〜 ポイントは「軸足の裏にある大きな骨」!? 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>トスの安定と足裏の骨 続き

続き 〜 まとめ

以上、いつもお固いネタばかりなので、たまには個人的に重宝している・感覚的な話も挟んでみました(笑)。

これは「個人的な感覚の問題なのかな・・・」と思うところもありますが、トスは自分の感覚が頼りな分、些細なことがきっかけで、急にうまくいくようになることも、けっこうあったりしますので、トスで悩んでいるセッターの人には、ぜひ試してみて欲しい・やってみて欲しい方法でもあります。

ちなみに、自分はいまでも、2段トスを上げるときは、「ここら辺かな?」という自分の感覚と、この「親指したの骨」で、トスの方向・角度をコントロールしているような気もしますので、使える人には長く使える感覚だと思います。

上半身がトスをする方向にきちんと向けば、それだけトスは安定しますし、軸足がうまく使えず、半横向きのまま・けっこう無理な体勢でトスを上げているセッターの人も多かったりしますので、こんな方法も、ぜひまお試し的にまた試してみてください。