セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編:おまけ】
〜 課題が見えたら?その後について 続き・・・まとめ 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>まとめ

また、アタッカーへの配慮も少し頭の片隅に・・・・

そして、最後にもう一つ。

ちょっと話が戻りますが、自分の成功パターンを考えるときに、「最低限」と「アタッカーの特徴を考慮しながら」と書きましたが、実は、ここにアタッカーへの配慮が入ってたりします

いきなり最初から、高度なことや、アタッカーの特徴からみても、その人には「ちょっと無理?」と思うことをアタッカーに要求しても、アタッカーの負担も大きくなりますし、時間も掛かることになりますし、衝突する原因にもなってしまいますので、最初はそんなに高望み・無理せず、アタッカーの特徴も考えながら、「最低限何とかなるかな?」くらいの「自分のOKパターン」にするように、ちょっとだけ心掛けてみて下さい。

そんな、ちょっとした配慮も、長い目でみればチーム内の雰囲気にも、けっこう影響したりします。
(経験上かな!?(汗)・・・)

この2つをどれだけ自分が真剣に・知恵を絞って考えるかで、アタッカーの負担もだいぶ変わってきますし、最初は無理のない・小さな課題でも、アタッカーはその課題をクリアしていくに連れ、ホントみるみる上手くなっていきますので、レベルの高い要求はそれからでも全然良いかと思います

ということで、自分なりのOKパターンを考えるときは、「アタッカーの特徴を考慮しながら」ということと、最初は無理せず「最低限何とかなりそうな」OKパターンをということも、少し頭の片隅に残しつつ、また考えてみて欲しいかなと思います。

ここのまとめ

以上、「ゲームメイク編:おまけ」として、「実際にやってみた・考えてみた後の話」について、少し触れてみました。

いざ「ゲームメイク・試合の組み立て」を考えてみると、「上手くいかないケース」ってのは、けっこうポロポロ出てきますし、さっきの例も、尺!?の関係上一つのOKパターンしか書きませんでしたが、視点を変えれば別の攻撃パターンもいろいろ考えられますし、そうなれば、また別の・・・今度はセンターの「課題」が出てきたりもします。

注目してみると、そんな風に、ホントたくさんの課題が発見できると思うのですが、ここで見つかった課題をいうのは、はっきりした形の・「何をすれば良いか」明確な、とても「質の良い」課題だと思いますので、これを一つ一つクリア・習得していけば、ホント強い、そしてより抜け目のないチームに、どんどんなっていくかと思います。

そして、こうやって考えながら出てきた課題を、生かすか、そのままにしておくかで、チームの力の差ってのも、ホント歴然としてくるかと思いますので、ぜひ前向きに・有効に生かしてみて下さい(笑)。

そして、最後に、もう一つだけ、「ゲームメイク・試合の組み立て」を考えるときの補足として、どうしても一つだけ書いておきたいことがありますので、それだけ最後に付け加えて、終わりにしたいと思います。