セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編:おまけ】
〜 状況を整理したものを元に、もう少し考えてみると課題が 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>課題はこんな感じに

この「厳しいパターン」をもう少し考えてみると、このケースでの課題が

では、どうするかですが

この状況を「使える・OKパターン」にするには

  • 相手センターにあまり動く時間を与えず、レフトまでブロックに来れないようにし
  • そして、A君が低いライトブロック1枚で勝負
そんな状況に持っていければ、このケースでは何とかなりそうですよね。

ということで、尺もまた、だいぶ無くなってきた!?ので、単刀直入にサラッと言ってしまうと、A君が速め攻撃「平行」や「Bクイック、もしくはBダッシュ」が打てるようになれば、このケースでの最低限のOKかな?と思いますし、そして、一つOKパターンの出来上りです。

そして、このように状況を整理して、自分なりのOKパターンを考えた結果、この「レフトのA君が速い攻撃を」ってのが、一つ、このケースでの「課題」となってポロっと出てきました

ただ、高いオープントスを主としてたA君に、いきなり「クイックを」と言っても、ちょっと酷な話ですし、難しい or 時間の掛かる話になってしまうと思いますので、とりあえずは「まず課題は平行からかな?」という気もします。

以上、話を少し分かりやすくするために、簡単に具体例を挟んでみましたが、こんな感じで整理しながら考えてみると、「このケースであとは何をすればいいか」ってのは、そんな感じで「ポロっと」出できますし、これ、課題としても、はっきり・明確とした形してますよね。