セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編:おまけ】
〜 このケースの状況を少し整理してみます 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>状況を少し整理してみます

この例は、厳しいパターン・組み合わせ?

とりあえず、状況を少し整理してみます。

【このケースでの状況】

  • こっちの攻撃的には、現在、レフトはオープン、センターはクイック主体のプレーヤーなため、このケースでの攻撃パターンは、A君はオープンで、それにB君のクイックを絡めていくような、オーソドックスなパターンが基本に。
  • ただ、ライトからの攻撃が無いため、相手ブロックがB君のクイックに2枚くる可能性が大きい。チームによっては、もう相手のレフトが、B君に付きっきりになる可能性も。
  • そして、相手のセンター・レフトのブロックが良いこと、また、B君がターン打ちが苦手なことからも、B君にトスは上げづらい。
  • 相手のライト側のブロックがそんなに高くないことからも、できれば、ここから攻めたい。

こんな状況からも、B君のクイックでブロックをできるだけ引き付けておいて、レフトから攻めるのを基本ラインにしようかなぁ・・・思うのですが

ただ

  • A君のスパイクが「オープン」という高いトスの攻撃のため、相手のセンターブロックをクイックで引き付けておききれない。たぶん、相手センター・ブロックがクイックについても、レフトにも追いついてしまう可能性が大。
  • そして、A君は1枚ブロックならなんとかなるが、2枚ブロックだと、ちょっと厳しいという特徴も。しかも、一番ブロックが良い、相手センターが来てしまう。

というような問題もあり、このままでは「頼むー・・・何とかなってくれー!」という運任せ攻撃になってしまいますので、流れによっては、ここで大量得点を取られてしまっても、おかしくありません

ということで、このままでは「使えない・ダメパターン」です。