セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編:おまけ】
〜 実際のケースに当てはめて、もう少し具体的に 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>例を一つ

実際のケースを一つ挙げて、もう少し具体的に

と、まずは書いてみたものの、これだけでは、何を言っているのかイマイチだと思いますので、ここで簡単なケースを一つ例に挙げて、流れの中でもう少し具体的にしてみたいと思います。

【ちょっと考てみるケース例】
○自チームの攻撃

  • セッターの自分が前衛にいて、攻撃はレフトのA君とセンターのB君の2枚
  • A君の特徴は・・・高めのオープントスが武器の、典型的なレフトプレーヤー。
    決定力的にも中くらいで、2枚、3枚ブロックでもバンバン決めるエース級の決定力はないが、1枚ブロックだったら、何とか決めてくれる。
  • B君の特徴は、クイック主体のこれも典型的なセンタープレーヤー。
    クイックは、A・B・Cクイック入って打てることができ、クイックに入るスピードもまずまず。
    ただ、空中でターン打ちし、ブロックをかわすことは苦手。
○相手チームブロックの様子
  • 相手チームのブロックは、ライトが若干低く狙い目で。
  • センターは長身で、ブロックの横の動きにも慣れてて、けっこういい動きをする。
  • レフトは万能プレーヤーのエース。身長はそんなに大きくないが、センスが良くブロックも結構良い。
  • ブロックの連携としては、そんなに組織的に動くわけではなく、個々の判断に任せる形。
    ので、動かせば隙間もでき易い。

こんな例を想定してみたいと思います。

分かり易くするために、また、本当にオーソドックスな例ですが、前よりちょっとだけ、想定ケースを具体的にしてみました。

まだまだケースは、細かく・具体的にできるかと思うのですが、あまり細かくし過ぎても、分かりにくくなるだけなので、ここでは、これくらいで勘弁下さい(笑)。

さて、こんなケース、読んでるセッターの人だったら、どんな攻撃を考えます??