セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編:おまけ】
〜 「ゲームメイク」を考えていると見えてくることとは? 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>見えてくることとは?

見えてくること・・・それは攻撃面における、「いまのチームの弱点」
そして、質の良い「これからの課題」?

「試合の組み立て」・・・いざ実際考えはじめると、考えることはけっこういろいろで、「こんなにも!?」とも思う人もいるかもしれません(笑)。

実際、自分も最初の頃は「ヒーヒー」言いながら、考えてました(汗)・・・・。

それだけ考えるのだから、「見えてくること」というのも、いろいろだと思うのですが、ただ、その中でも一番よく・はっきりと見えてくること・・・それは、いまのチームの攻撃におけるウィークポイント、いまのチームに足りない攻撃それが一番だと思います。

いざ、「自チームの攻撃パターン」と「相手チームの状況・ブロック」を、いろいろ組み合わせながら考えていると、ポンポン上手くいきそうな組み合わせが見つかるローテもあれば、また逆に、全然上手くいく組み合わせが思い浮かばないローテも出てきます。

その「上手くいく組み合わせが思い浮かばないローテ」ってのは、やっぱり試合なんかでも、思うように機能しない・なかなか攻撃が上手くいかないローテで、セッター的には、あまり考えたくない・何となくごまかしておきたいローテでもあるかと思うのですが(汗)。。。

ただ、「試合の組み立て」を考えていて、こんな「上手くいかない」状況・組み合わせが出てきたときこそ、ポイントというか、「チームの弱点」や「課題」を見つける、いい機会でもありますし、チームをより強くする大チャンスでもあるんですよね。

こんな、上手くいかないパターンのときこそ、「じゃあ、しょうがないや」と放っておくのではなく、このケースで「この攻撃パターンだったら、上手くいきそう」、「最低これだったら、攻撃がうまくいくのでは?」というような、「最低限の何とかなりそうな・自分なりのOKパターン」を、アタッカーの特徴を考慮に入れながら、1つ2つ考えてみて欲しいのです。

こう、自分なりのOKパターンを考えて、いまの上手くいかない・何かが足りない現状と比べてみることで、「あっ、このアタッカーのこの攻撃がいまは足りないんだ」とか、「このアタッカーがこの攻撃さえできれば、何とかなりそう」とか、そのローテで「何をどうすれば上手くいく・解決するか」が、はっきり見えてきます