セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編】
〜 「相手チーム」ブロックを合わせて考えたときの、具体的な例 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>相手ブロックを考えた例・続き

具体例の続き

ちょっと話が基本的なことに逸れましたが、その基本的な考え方を元にすると、このケースでは必然的に

いいブロッカーの相手センターを避けるようにし、そして、ブロックの弱いと思われるライト(自チームから見たらレフト側)から攻める方法を、「自チーム内の攻撃パターン」から選ぶ

ことになると思うのですが、「相手ブロックの状況」を合わせて考えてみると、その「自チームの攻撃パターン」で、「これ使えない」、「これ危険かも」って攻撃が、けっこうはっきり見えてくると思いませんか?

例えば、このケースの場合

  • AとAダッシュや、BやBダッシュを組み合わせた、センターからの時間差を使った、一点集中型の攻撃パターンは、基本的にはNG
    → ブロックがいいセンターを相手に攻めることになるので、危険度高し
  • また、片方サイド・・・レフトならレフト、ライトならライトに偏ったような攻撃は使いづらい
    → クイックで相手センター・ブロックを引き付けておいたとしても、ブロッカーの移動距離が短いため、いいブロッカーなら、レフトやライトにもすぐ対応してくる可能性が高い・・・いいブロッカーなら、その分、この動きは優れてたりしますので。
などなどです。
(※ちなみに、こちらの攻撃は、セッターの自分が前衛で、攻撃陣は2枚として考えてます)

あとは、この「使えない」・「危険かも」と思われる攻撃パターンを捨て、残ったパターンや、または「こんなのいいんじゃない?」と思ったパターンを、この「相手ブロックのケース」での、良い攻撃パターンとして残していく

そして、その「良い・使えそう」として残って・蓄積されていったパターンこそ、「攻撃の成功率が高い・自チームの攻撃パターン」になりますので、これで「攻撃の成功率の高い、自チームの攻撃」の洗い出しは完了です。

あとは、それを実戦で状況に当てはめて、選択し、実際に試してみる。

以上が、一連の考え方の流れになってきます。