セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編】
〜 「相手チーム」ブロックを合わせて考えたときの、具体的な例 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>相手ブロックを考えた具体例

最後に、実際の「相手ブロック」を元にした、考えの流れをちょっとだけ

「相手チームのブロック」といっても、想定できるケースはホントたくさんのため、ほんの一部の例ですが、「こんな感じで考えればいいのか」ってなことだけでも、何となく掴んでもらえたらと思います。

【例えば】.真ん中のセンターに大きくて・いいブロッカーが、そして、ライトには背が小さく・ブロックが低い人がいるケース・・・・ってな、オーソドックスな例を考えてみます。

どのチームも、センターには背の高い人を置き、そして、ライトには背のあまり大きくない・セッターやプレーヤーが多いため、このケースは非常に多い・相手チームのケースではあるかと思います。

さて、こんなケースの場合は、どう考えていくか・・・

どのケースでも、「相手ブロック」を考える場合の、基本的な考え方は

  • いいブロッカーには仕事をさせない・できるだけそこを避けるように
  • そして、弱いと思われる部分を中心に攻める方法を選択する
が、鉄則で、いつもこれを中心に考えると、「どうしようか・・・」と迷うことも少ないです。

ので、どのケースでも、基本的にはこの考え元に、「自チームの攻撃パターン」を合わせるようにしてみて下さい。

まず、これが基本になると思います。

続く。