セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編】
〜 「攻撃の成功率を上げるため」に考えること・・・【その2】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>考えること(2)

2つ目に考えることは、「相手チームの状況・様子」

1つ目では、「自分のチーム内の攻撃」について、いろいろ考えて・整理してみましたが、次は、これに「相手チームの状況」を合わせて考えてみます。

ただ、「相手チームの状況」・・・といっても、どんな相手・どんなチームと対戦するかなんて、実際は、いざ試合になってみないと分からないものなので、ここでは、「相手チームの状況を想定しておく」と言った方が近いかもしれません。

「想定しておくこと」だったら、可能ですよね。

「なんだ・・・ただの想定?」と思った人もいるかもしれませんが、この事前に「相手チームの状況を想定・予想」しておくことこそ、非常に大切で、さっき考えた「自チームの攻撃パターン」に、この「相手チームの想定」を合わせることによって、見えてくることも本当にたくさん出てきます。

そして、この「相手のパターン」は多く想定しておけばおくほど、自チームの攻撃の精度・成功率も上げてくれますし、何よりも、後のち、いざ困ったときにセッター自分の身も助けてくれるものです。

考えること・その1では、「自チームの攻撃」について考えましたが、それだけでは、まだ足りないんですよね。
いくら「これいい!」と思う攻撃パターンを思いついたとしても、それを闇雲に相手にぶつけただけでは、せっかくの良い攻撃も威力が半減になってしまいますし。。。

ということで、2つ目に、「相手チームの状況・様子」というのも、合わせて考えてみます。

続く。