セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編】
〜 「攻撃の成功率を上げるため」に考えること・・・【その1】 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>考えること(1)・続き

2.そして、そのスパイカー個々の特徴を、各ローテーション1つ1つに
当てはめて、そのローテで可能な攻撃パターンを考えてみる

1.で考えた内容で、自チーム内のアタッカー個人個人のできること・特徴は、少し整理できたと思います。

ので、次は、もう少しそれを発展させて、先ほど考えて・洗い出してみた「アタッカーの特徴・武器」を、もう少し実戦に近い形・・・実際のフォーメーションに当てはめ、そのローテで可能な攻撃の組み合わせを考えてみます。

ちょっとここで、具体的な例を挟んでみると

例えば、セッターの自分が前衛のライトにいて、速い攻撃が得意のレフトのA君と、A・B・Cクイックが打てる典型的なセンタータイプのB君がいるローテの攻撃を考えた場合

  • オーソドックスな例だったら、B君をAかBクイックで、A君が平行を打つパターン
    がまず考えられますし
  • B君にCクイックを入ってもらい、それに、A君の平行もしくは、Bダッシュ(Bの少しふんわり目)を組み合わせれば、ブロックが左右に割れ易い、両サイドからの攻撃系にもなりますし
  • また、AクイックとAダッシュ、BクイックとBダッシュなどを組み合わせれば、時間的な差をつけた・一点集中型のパターンにもなりますし
  • もしここに、バックアタックが打てる人が後衛にいれば、B君にCクイック、A君に平行もしくは、Bクイックで、ブロックを左右に翻弄しておきながら、ど真ん中のバックセンターから、バックアタック
    というパターンも考えられますし

ホントにごく一部の例でしたが、そんな感じに、アタッカーの特徴・武器を元にしながら、実際のローテーションに置き換えて・深く考えてみると、ホントいろんな組み合わせが見えてくるものです。

これで、もっと自チームでできる攻撃が、はっきりしてきます。

「ホントいろいろな組み合わせがあり過ぎて・・・」と思う人もいるかもしれませんが、まだこの段階では、自分のチームの攻撃力だけを見ているだけなので、「何となくこんな攻撃ができそうだなぁ・・・」程度の、まだ漠然とした形を考えるだけでも、いいかと思います。

これに、2つ目で考えることを合わせれば、この攻撃パターンももっとはっきりしてきますし、「使える攻撃と使えない攻撃」とか、「いまのチームに足りないもの」とか、「こんな攻撃が欲しい・必要」とか、もっと具体的なことが見えてきますので。

ということで、まずは「自チーム内の攻撃」について考えて、整理してみる・・・・これが、まず大きく1つ目にやってみて欲しいことです。

では次に、「攻撃の成功率を上げるために考えること」2つ目にいきます。