セッターのお仕事 〜 その3 【ゲームメイク編】
〜 「ゲームメイク」って、どんなことを考えれば・すれば良い? 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>ゲームメイクって?

一見、難しそうですが・・・考えること自体は、案外シンプルだったりします

それでは、早速、「セッターのゲームメイク」について書いていきたいと思うのですが、今まで全然そんなこと考えたことない人にとっては、「いったい、何をすれば?」って感じだと思います。

ので、まずは「どんなことを考えれば良い?すれば良い?」ということから、サラサラっと触れてみたいと思います。

いっけん、「ゲームメイク」とか、「試合を組み立てる」とか聞くと、「すごく大変なこと」のようにも感じられますが、試合の端から端までを全部セッターが制御する・組み立てるとか、そんな大それたことではありませんので、ちょっとビビッたセッターの人はご安心を(笑)。

ふたを開けて整理してしまえば、考えることなんて本当にシンプルで、ポイントはただ一つ

いかに、自分のチームの攻撃の成功率を上げるか
いかに、自チームの持っている力をうまく使って、得点に結びつけるか

それを考えてやってみる。ただ、それだけのことでもあるかと思います。
主に「攻撃面における組み立て」ですね。

よく、アタッカー個々の能力はけっこうあるのに、「試合になるとなぜかうまく機能しない」、「思ったように勝てない」というようなチームを見かけますが、これは「セッターがそのアタッカーの個々の能力をうまく生かしきれてない」、「攻撃を組み立てられてない」ってのも、大きな一つの原因で

そして、これの「うまく攻撃を組み立てる」というのは、やっぱり、攻撃の度にレシーバーとアタッカーの間に入って「どこにどんなトスを上げるか」選ぶことのできる、セッターが考えること、「セッターならではの仕事」かと思います。

ということで、「ゲームメイク」の正体は、単純にしてしまうと、実は「自チームの攻撃の成功率を上げる方法を考える」こと・・・・そんな気もしますので、そのことに焦点を絞って考えていきたいと思うのですが、そうは言っても、まだちょっと漠然としてて、実際には、何を考えたらいいのか・したらいいのか、まだ全然はっきりしないと思います。

ので、もう少し、次で具体的にしてみたいと思います。

やること・考えることとしては、大きく2つのことを考えて、そのベストな組み合わせ・パターンを考えていくような方法です。