セッターのお仕事 〜 その2 【周りに対して編】
〜 アタッカーの特徴を把握し、良さを生かすのも大切な仕事!? 【その2】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>アタッカーを生かすのも(2)

アタッカーの良さを生かすことが、チーム全体の強さにも

例えばなのですが、助走が長くて・ゆっくりの人に、速くて低い平行トスを上げても、その人にとっては、無理な状態で打つことになるので、うまく打ち切れないことも、ブロックに捕まる確立も高くなってしまいます。

また、打点が高い人に同じく速くて低い平行トスを上げても、ボールをミートする位置はどうしても低くなってしまいますので、スパイクを打ち付ける形にもなり、そしてそれがブロックに捕まる原因の一つにもなってしまうかと思います・・・・せっかくの高い打点が生かしきれなければ、それももったいないことですし。

他にも、いろいろな組み合わせが考えられますが、そう考えると、スパイクがうまく決まらなかったとき、アタッカーだけの責任ではないことがよく分かりますよね。

「アタッカーの特徴にトスを微妙に合わせる」・・・ホントちょっとしたことですが、そのセッターのアタッカーに対する思いやりが、スパイクの決定率向上にもつながり、そして、それが結果的にチーム全体の強さにもつながってくるものだと思います。

ので、今まであまり「アタッカーの特徴」とかを考えたことがなかったというセッターの方は、ぜひ「アタッカーのことを考えたトス」、また取り入れてみて欲しいと思います。

また、もう少し突っ込んだ「アタッカーの特徴・良さの生かし方」については、次のネタの中で紹介したいと思いますので、そちらの方も合わせてまた見てみて下さい。