セッターのお仕事 〜 その1 【トス編】
〜 まずは「セッターのトス」が与える影響について 【その2】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>トスの与える影響(2)

また、チーム全体にはこんな影響も

もう少しだけ、「セッターのトスが与える影響」について、みてみたいと思います。

前のネタでも「セッターの重要さ」について少し触れましたが、攻撃の度に経由する「セッターのトス」が、毎回毎回違って・安定しなければ、攻撃もうまく噛み合わなくなるので、ミスや変な違和感も増えますし、なかなか思ったような試合の組み立てができませんよね。

そして、どんなに優れたアタッカーがいたとしても、攻撃が噛み合わなければ、チーム全体としても攻撃に「いいリズム」が生まれてきません。

そうなれば、バレーにとって非常に重要で、試合の勝ち・負けを大きく左右する、あの「流れ」も掴みにくくなりますし、チームとしてもどことなく安定感がない・スキの多いチームにもなってしまいます。

逆に、そんなに目立ったアタッカーがいないのに、たまになぜか強いと感じるチームや、競った試合のときに、なぜかいつも競り勝つようなチームがありますが、そんなチームは、セッターのトスや力量が安定していることが多いように思います。

そんな風に、セッターが上げる「トスの安定感」は、チーム全体の「安定感」にも影響を与えるものでもありますし、また、あの試合の勝ち負けを左右するようなバレー特有の強烈な流れを生み出す、一つの大事な「キー」にもなってくるものだと思います。

ので、そんな点から考えても、まずはちょっと基本に戻って「自分の上げるトス」について、もう一度再確認してみて欲しい・・・・と思います。