バックトスの形について
〜 バックトスの「形作り」について 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>バックトスの「形作り」 続き

「背中の反る角度でコントロールする」について、もう少し突っ込んでみると

前ページで書いたイメージが、ざっくり・イマイチな感もあったので、ここでは引き続き、もう少し詳しく・具体的なイメージに落とし込んでみたいと思います。
(ので、「もう分かったよ!」っていう人は、このページは前ページの補足になるので、飛ばしてもらえたらと思います(笑)。)

例えば、ライト・オープンの例で、もう少しバックトスの状況を詳しくみてみると・・・・。

オープンの場合、アンテナ手前くらいのところでちょうどスパイカーが打てるように、そんな狙いを定めて、高い放物線を描いたバックトスを上げるようになるかと思います。

ので、背中の角度でトスをコントロールしようとすると、さっきも書いたように、トスを打ち出す背中の角度は、高いボールを上げるために、浅い角度・そんなに角度をつけない状態になりますよね。

で、腕の伸ばす方向も、背中でつけた角度の延長線上に向かって伸ばすようにし
そして、「トスを飛ばす力」は、高い放物線のボールを上げるため、低いトスを上げるときに比べれば、もちろん強い力で打ち出します。

逆に、低いトスを上げたい場合は、背中をより反って、トスの打ち出す方向は低くするのですが
その代わり、今度はトスを打ち出す力加減は弱めることで、ちょうどスパイカーが打ちごろな・アンテナ手前にトスがいくように調整する。

と、もう少し具体的にするとそんな感じなのですが、なんとなくイメージは伝わったでしょうか?

こんな感じで、「背中を反らす角度」と、「打ち出すトスの力加減」のバランスを取ることで、自分の上げたいトスの高さや方向、トスが落ちてくる位置を調整する・・・・そんな形をイメージしてみてください。

イメージできたら、あとは練習で繰り返して、そのイメージ・形を自分のモノにしていくのみです。

「打ち出すトスの力加減」ってのは、もう本当に自分の「こんなもんかな?」のサジ加減頼りになってくるものなので、「この角度のときは、このくらいの力でトスを飛ばせば、ピッタリ狙い通りのはず!」という、角度に応じた力加減を、自分で覚え込んでいくしかないんですよね。

最初はもちろん、自分の思った通りにうまくいかないことだらけだと思いますが、繰り返し・繰り返しやること・練習することで、このサジ加減やピントはどんどん合っていくものですし、トスの力加減が分かってきた頃には、相当トスは安定してると思いますので、ぜひあきらめず、練習で繰り返しイメージしながらやってみて欲しいと思います(笑)。