バックトスの形について
〜 バックトスの「形作り」、そのポイントはここに! 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>バックトスの「形作り」、そのポイントはここに!

バックトスの形は「背中の反る角度」でトスをコントロール、そんなイメージを!

と、ここまではまず、バックトスの形を作るのに必要な・前提の話しを2つ挟みましたが、ここからは本題、「バックトスの形はどうすれば?」ってことについて、書いていきたいと思います。

と言っても、「はじめに」で書いたように、特に難しいことは全然なく、ポイントは

バックトスは、背中の反り具合・反る角度でトスを飛ばす高さ・方向を調整し、トスを飛ばす力加減もそれに合わせて調整する。

もう少し言うと、腕や手首だけで、その場その場で違ったフォームで何でもかんでも上げるのではなく、その背中の反りを使った形・型で上げることで、まずは、自分の中に一定のバックトスの基準を作る・・・そう意識して、『バックトスの形』を作っていく

ってな感じのことになります。

ライト・オープントスのように高い放物線を描くようなトスにしたければ、トスを打ち出す角度は浅く、背中の角度はそんなにつけない。

逆に、ライト平行やDクイックのような低いトスを上げたければ、背中を反って・反る角度をもっとつけることで、トスの方向を低くする。

そんな感じのイメージです。

で、こう「背中の角度でバックトスを制御する」・・・と何が良いかというと、自分の中に一定の基準・感覚が身に着きやすいと思うんですよね。
よって、自分の感覚も安定するから、安定したトスにもつながっていくんですよね。