バックトスの形について
〜 まず形作りの前に・・・欠かせない「基本」の話 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>バックトスの形作りの前に・・・欠かせない「基本」の話 続き

背中は柔らかい方?硬い方?ある程度、背中を反らすことはできる?

また、もう1つは・・・・今度はちょっと体的なことなのですが、「腰〜背中にかけてを無理なく、ある程度のところまで反らせられる??」ってことも、これから話すことのけっこうポイントになってきます。

というか、背中は反らせれば・反らせるほど、また、柔らかければ・柔らかいほど、自分のバックトスのプラスは増えていきますし、また、応用が効くようにもなってくるので、柔らかいと、自分自身が何かと楽なんですよね。

なので、自分は体が普通に柔らかい方で、ある程度反らすくらいだったら全然大丈夫!って人は問題ないのですが、体や背中が硬くて、背中を反らそうとすると「ううっ(汗)・・・」ってなる人は、少し背中が柔らかくなるストレッチや柔軟も、並行でやってみて欲しいと思います。

体の柔らかさってのは、人によって多少、得意・苦手があると思いますが、訓練やストレッチなどでいくらでも柔らかくなるものですし、最初の「ちょっと柔らかくなって、少しは背中が使える」ってレベルになれば、今度は、練習の中でも無意識に使っていけるようにもなり、どんどん自然と柔らかくなっていきます

ので、苦手な人も、キツイのは最初だけ!

ですが、ただ、いきなり急激にやり過ぎると、今度は腰を痛めてしまう可能性もあるので、苦手な人は、まずは、寝る前や練習前に、ごく簡単な「背中のストレッチ」的なことをやってみる・・・そんなところから、序々にやるようにしてみてください。

焦らなくても大丈夫!さっきも書いたように、最初のしんどい・取っ掛かりさえクリアしてしまえば、あとは背中を使うことを意識しながら・バックトスの練習をしてるだけで、それがストレッチにもなり、好循環的にどんどん柔らかくもなっていきますので(笑)。