バックトスの形について
〜 まず形作りの前に・・・欠かせない「基本」の話をちょっとだけ 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>バックトスの形作りの前に・・・欠かせない「基本」の話をちょっとだけ

バックトス習得にはこの「基本」が必要不可欠に

まず、バックトスの形の話をする前に・・・・。

安定したバックトス習得には、絶対欠かせないと思われる「トスの基本」の話や、体の話にちょっと触れておきたいと思います。

また「絶対欠かせない」とか書くと、ちょっと大げさにも聞こえますが、ただ、もうできてる人は簡単にできている・ちょっとしたことなので、そんなに身構えず、また、もうできてる人は、確認程度にざざっと読み飛ばしてください。

その欠かせない基本とは「トスは常に『おでこ』、『目の辺り』の前でする」ってことです。

「なんだ、それだけのこと?」って思った人もいるかもですが、いやいや・・・・このトスをする位置、バックトスになると、無意識のウチに位置が下がって、首の前辺りのトスになってしまってる人、よく見かけるんです(汗)。

このトスする位置、きちんと「おでこの前」ではなく、いつもバラバラだと、それだけで、これから話していくことも、全てパーになってしまう・・・・それくらい大事なことなので、「もしかするとそうかも・・・」と、ちょっと不安を覚える人も、ぜひここだけは、まず最初に準備として、徹底してチェックしてみて欲しいと思います。

これ、もうちょっと補足すると、トスする位置が「おでこの前」でなく、毎回バラバラだと、その分、自分の感覚・トスを飛ばす力加減も、微妙な差ですが、毎回変わってしまうので、一定の感覚を身につけることが、難しくなってしまうんですよね。

ただでさえ、セッターのところに返ってくるボールって、いつも違いますし、その距離感を毎回修正しながらトスをコントロールしないといけないのに、自分の中の感覚まで毎回違うと

「バラバラ × バラバラ = もっとバラバラ(苦笑)」

と、自分のトスが分からなくなる原因にもなってしまうので、バックトスの前にここだけは・・・「おでこの前でトスをする」ってことだけは、ぜひ徹底して、せめて自分の中の感覚だけは一定にできるよう、意識してみてください。

ちなみに、「位置が低いトス」、「首の前辺りのトス」ってのは、「トスする方向がものすごくバレやすい」という、セッターとしてはもう致命的と言ってもいいくらいのデメリットもあったりしまうし

また、いまは大丈夫でも、ゆくゆく、もっと高度なジャンプトスやフェイクを入れたりするときにも、必ず弊害になってもきますので、もし、トスする位置がバラバラかも・・・・と少しでも思う人は、早めに「トスは高い位置で!『おでこ』、『目の前辺りで』!」を徹底して・身に覚え込ませておいた方がいいですよ(笑)。