バックトスって、本当は安定する・とっても楽なトス!?
〜 安定したバックトスのもとは、形、かたち、カタチに! 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>安定したバックトスのもとは、形、かたち、カタチに!

「形」が大切なその理由とは?

トスって、前方向のトスにしてもバックトスにしても、自分の「これくらいかな?」っていう感覚を頼りに、距離や高さ、ボールの落下点を調整してると思いますが

前方向のトスの場合って、目で目標点が見える分、小細工をしてしまいがちなんですよね。

多少、厳しいかな?というボールとか、目でトスする目標点が見えてる分、最後に体をねじったり、手首をこねくり回したりしながら、なんとか目標点に持っていく・・・・小手先のことは、感覚がずれたり、変なクセの原因にもなってしまうので、本当は良くないのですが、「なんとかしたい・・・」という思いとともに、無意識のウチによくそんなことをしてました。

ので、その分、そのときどきによって、トスの形がバラバラ、感覚もその場限りになりやすいのに対し

バックトスの場合は、その最後の小細工をすれば、どこに飛んでいくか分からない恐さがあったので、それは無しとし、厳しいボールでも・どんなボールでも、できるだけトスの形は崩さず「同じ形」でトスするように・・・・そういえば、自然とそんな意識を持ってた気もします。

目でトスの目標点が確認できない分、また、変なことすると恐い分、たぶん、無意識にそんな「形」を意識した心掛けになっていて、そう「形を崩さない」よう意識してたのが、結果、「形も一定」、「感覚も一定」でずれが無い「安定したバックトス作り」へとつながったんだと思います。きっと。

ちなみにですが、前方向のトスでも、バックトスでも、「トスの形はできるだけ一定」それは心掛けてたつもりですが、ただ、「恐さ」とか「慎重さ」とかが加わってくると、やっぱり、それはそれで意識も変わるものなんですよね。

ということで、バックトスは「形で上げる」「形を崩さないような意識」が、超安定バックトスを作る秘訣!ということで、ぜひそんな意識・心掛けも取り入れながら、また練習してみてください。

で、次は「形っていっても、じゃあ、どんな形がいいの?」って疑問がでてくるかと思いますが、こちらは、少し長くもなりそうなので、実際の形なんかについては、また次のネタで、続きを紹介したいと思います。