トスがはなぜアンテナいっぱいまで伸ばした方が良い?
〜 トスが短いと、チームとしてもこんなマイナス点が 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>トスが短いと、チームとしてもこんなマイナス点が

また、相手チームにとってはこんなメリット(こっちからすれば、デメリット)も

また、さらに付け加えですが、スパイカーだけでなく「トスの長さ次第」で相手チームの状況も全然変わってしまうんですよね。

こっちはさらっといきますが、まずはブロック・・・

トスが長ければ、相手ブロックはその分、広い範囲に動かないといけないのに対し、
トスが短ければ、動く範囲も狭い範囲で済む・・・・というか、場合によっては、トスの方から自分の正面に落ちてきてくれるので、「待ってました!」とばかり押さえ込めますし、すごく楽なんですよね。

プラス、スパイカーは打つコースで苦しんでますし、ブロッカーからしてみれば絶好の捕獲チャンスです(笑)。

そして、次にレシーブ・・・

レシーブする人にとっても、スパイカーは打つコースが減って・苦しんでますので、その分、コースも絞り込みやすくなります。

前ページでも書いたように、スパイカーは打つコースで困っている。
ので、消去法でコース消してけば、随分コースは絞れますし、空中でのスパイカーの動作も大きい分、球筋まである程度予測できてしまいますし、やっぱり、レシーバーまでもすごく楽にしてしまう
のです。

と、トスの長さ一つで、相手チームの状況も、これだけ有利な展開に変わってしまうんですよね。

ということで、「トスはなぜ伸ばした方がいい?・長い方がいい?」の理由を、ちょっと掘って書いてみましたが、どうでしたでしょうか(笑)?

セッターにとっては、ボディーブローのようにけっこう効く内容ばかり・・・・というか、こんなこと書いてる自分も、これらの影響に気づいたとき、「なんで自分のせいなんだよ!?」と思ってた自分が、相当恥ずかしく感じました(苦笑)。

トスの長い・短い一つでも、スパイカーの負担・スパイクの難易度もこれだけ変わってきますし、また、相手チームも有利になってしまいますし、トスがいつも短い人は、この状況が、トスの度に毎回なわけですし・・・・

そう考えると、これ、チーム全体の総合力に与える影響も、相当なものになるかと思います。

ので、強いチーム作りを目指しているチームは、ぜひ、こんなトスの短さ・長さも、軽視せず・・・・いや、こんな小さなことこそ、改善していくように、セッターの自分から提案するもよし!、また、チーム全体で話し合うのもよし!・・・・また前向きに練習していってみてください。

練習や練習試合なんかでは、もう「アンテナにぶつけてもいいや!」くらいの勢いでもいいと思いますよ(笑)