トスがはなぜアンテナいっぱいまで伸ばした方が良い?
〜 トスが短いと、スパイカーにはこんなマイナス点が・・・ 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>トスが短いと、スパイカーにはこんなマイナス点が・・・ 続き

トスが短いと、実はスパイカーにはこんな負担が

◎ それに対し、トスが短いとスパイカーは・・・

  • 打つボールが、ちょうどいい具合にブロックの正面付近に落ちてくるので、ブロックに押さえ込まれやすくなりますし、真っ直ぐ打ては、もちろん、ブロックに向かって打つことになります。
    ので、まず「ストレートに打つ」って選択肢が消えてしまいます
  • 次に、ブロックに当てて・左外に弾き出したくても、トスが長いときに比べれば、より大きな動きで、より外側方向に角度をつけて打たないといけないため、最初から、完全なアウトコース目掛けて打つことになります。
    そんな感じで、空中での動作もより大きくなるため、体の負担も大きくなれば、動作的にもばれやすくなりますし、「ばれやすい & 完全なアウトコースへ打つ」っていう、リスク大なスパイクになってしまうのです。
  • そして最後に・・・・クロス側についても、トスが短ければ、その分、打つ位置が中寄りになるため、サイドラインまでの距離も、もちろん短くなりますよね。
    なので、トスが長いときでは「イン」だったスパイクでも、そのまま打てばアウトになってしまうこともありますし、コート内にスパイクを収めようとすると、より鋭角なボールを打たないといけなくなります
    また、鋭角に打てばその分、ブロックに捕まることも多くなるため、クロス側のスパイクについてもより難易度が上がってしまうのです。

などなど、どうでしたでしょうか(笑)?

こうやって見てみると、トスが短いだけでも、ストレートコースは消えるわ、ブロックアウトにしたくても賭けになるわ、残る頼みのクロスに打ちたくても、より難易度が上がるわ・・・・よくよく見てみると、そりゃ、スパイカーは打ちづらいわけですよね(汗)。

ホント「たったトスが短いだけ」の話ですが、トスの長さ一つでもスパイカーの負担は、これだけ変わってしまうのです。