トスを柔らかくする意外な方法
〜 最後にこのトレーニングの注意点をちょっとだけ 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタトス/セッターのあれこれ>このトレーニングの注意点

ペースは序々に上げていくようにし、無理は絶対禁物で

このトレーニングは、温かいお風呂の中ってこともあり、最初のウチは2〜3分やるだけでも、汗をかいてきたり、心臓もバクバクいってきたりで、やり方は簡単ですが、体にとっては思った以上にけっこうハードです。

ので、最初は軽くから初めるようにして、絶対に無理はしないように、序々に時間や回数を増やしていくようにしていって下さい。

ちなみに、自分もはりきって長時間やり過ぎて、お風呂場で気持ちが悪くなったことがあります(汗)
ので、くれぐれも無理は禁物で、徐々にということでお願いします。

ここのまとめ

以上、「トスを柔らかくする意外な方法」ということで、手首を柔らかくする簡単なトレーニングを紹介してみました。

このトレーニングは、確かに効果が出るまで時間が掛かるトレーニングで、効果が実感できるまで1〜3ヶ月、遅い人では半年とか掛かるかもしれません。

ただ、安定したセッターを目指してる人や、高度なジャンプトスを基本トスにしたい人には、「手首の柔らかさ・トスの柔らかさ」はどうしても必要になってくるものですし、徐々にですが、効果は必ず出てくるトレーニングかと思います。

筋トレほど重労働ではなく、気楽に出来るトレーニングですし、紹介したように簡単な割りには得られるメリット大ですので、興味がある人は気楽な気持ちで・また気長に、ぜひぜひやってみて下さい。