スパイクを生かすも・殺すも「助走」次第!スパイクの助走について

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>スパイクを生かすも・殺すも「助走」次第!スパイクの助走について

背はそんなに高くないんだけど、「ぴょんっ」って飛んで、「ドカーンっ」と、すごいスパイクを打つバレーセンスの塊みたいな人、たまに見かけるのですが

そんな人の助走、ちょっと思い起こして見ると、間違いなくキレイだったりしますよね。

キレイというか、スパイクまでの助走が、こう流れるようにスムーズというか、生き生きしてるというか。

「助走」って、実際、スパイクを打つ瞬間に比べれば、準備みたいなものですし、地味ですし、スパイクのとき誰もがやる「ただの儀式的なモノ」・・・・

そんな感じくらいにした思ってない人も、けっこういるかもですが、実はもう「スパイクの半分以上がここで決まってくる!」と言ってもいいくらい、「生きたスパイク」にはホント大切になってくる、重要・重点ポイントでもあったりします。

ということで、ここからしばらく、そんな「生きたスパイク」には欠かせない
そして、スパイクの「土台」ともなる「助走」に焦点を当、あれこれ書いてみたいと思います。

「いまいち、スパイクに力が乗らないんだよなぁ」という人や
「いまいち、助走が高さにつながらないんだよね・・・」

という人は、ぜひまた覗いてみてください。
スパイクの助走が変わるだけで、スパイクの質、本当に変わりますよ。