スパイクの威力を倍増させる、そんな体の使い方とは?
〜 「体の使い方」イメージが沸いたら、後は体に覚えさせるだけ! 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>「体の使い方」イメージが沸いたら、後は体に覚えさせるだけ

いきなりスパイクで・・・は無理なので、段階を踏んで、自分のものにしていく

イメージ・・・・というか、体の使い方が分かったら、あとは、実際のスパイクでも使えるようにしていくだけなのですが、いきなり実際のスパイクでやろうとしても、それはちょっと無理です。

けっこう体を大きく動かす動作ですし、空中の自由があまり効かない状態での動作ですし、あまり無理してやろうとすれば、スパイクのバランスを崩してしまう原因にもなってしまいます。

なので、まずは、壁打ちなどのスタンディングで、このイメージ・動作を繰り返して、一連の動きを体に覚え込ませる練習からはじめてみてください。

そして、ある程度、体の動かし方が分かって、スタンディングの状態でも一連の動きの上、強いボールが打てるようになったら、実際のスパイク練習にも序々に取り入れていく

そんな感じで、スパイクフォームを作っていくのがいいかと思います。

また、普段の生活で、何かを持ったり・下ろしたり、縦方向に体を動かすことはよくあっても、「体を横に回転する」動きって、あまりしない動きですよね。

なので、体があまり慣れてない動きでもありますので、「いち早くフォームを作りたい」という人は、別途「体を横に回転させるトレーニング」を同時に取り入れてみるのも、よいかと思います。

ちなみに、自分は右手と左手に重りを持って、体を左右にひねるトレーニングをしたり、腹筋(シットアップ)の途中で体を回転させてみる動きを取り入れてみたりしましたが、これでけっこうスパイク時の体が動かしやすくもなりました。

ので、興味がある人は、こんな「プラスα」トレーニングも、ぜひ合わせてやってみてください。