スパイクの威力を倍増させる、そんな体の使い方とは?
〜 実際の体の動かし方、その一連の流れを簡単に 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>実際の体の動かし方、その一連の流れを簡単に

「体を横回転する力」を「縦のスパイク力」に変える動きがポイントに!

ただ・・・・・「体を横回転する力」や、「体をひねる力」がポイント・・・・それが分かっても、これをいざスパイクで使うとなると、そう単純にいかないんですよね。

その理由は
普通、「体をひねる」ような横に動かす力は、当たり前ですが横方向に働きますよね。
でも、スパイクは、横にボールを飛ばすわけではなく、縦方向に力を使うプレーです。

そのため、スパイクに「体を横回転する力」を使うには、「回転して横方向に生じた力を、縦の力に変える」という動きが必要になってくるんですよね。

ここが、「スパイクに体の力を使え!」と言われても、なかなか難しく、「どうやって使っていい分からない」という人が多いところなのでは?という気がします。

で、そんな「体を回転して生じた横の力を、スパイクにどう使うか」について、簡単に紹介したいと思うのですが、ここは、実際の例があった方が分かりやすいかと思いますので、自分が実際どう「縦方向だけだったフォーム」を変えていったかを例に、ちょっと説明してみたいと思います。
(自分は右利きですので、右利き用で話を進めていきますが、また左利きの人は、全部左右逆に置き換えてみてください)

まず、スパイクは助走から入り、ジャンプに移りますが、そのジャンプに合わせて、腕を引きながら・体を後ろに反らす動作をしますよね。

(1).まずは、この体の反らし方・・・・真後ろに反っていたのを、右肩を少し引いて体を斜めに・開き気味にしながら、反るようにします。

イメージは「弓矢を引くポーズ」のような感じです。

(2).で、ここからが一番違ってくるところなのですが、真後ろに反って・体を前にする反動を使ってボールを打っていたのに対し、改良後はまだ反ったまま、この状態のままで、腹筋の力を左 → 中央 → 右へと移動させながらスイングの動作も合わせてしていくのです。

こうすることで、腹筋の力をロスすることなく・力を溜めながら体を回転していけます。

(3).そしてフィニッシュ・・・インパクトの瞬間に、最後、右側の腹筋に力を入れるようにします。

これは、半分自分の感覚的なことでもあって、自分もスパイクのスイングによっては、たまに左側の腹筋にすることもあるのですが、基本的には右・・・・こう最後、右の腹筋に力を入れることで、いままでの力をボールに押し込めるというか、それまで回転して・溜めてきた力をボールに乗せやすくなる気がします。

以上、「体を横回転する力」をスパイクにつなげる一連の流れ、簡単に紹介をしてみましたが、スパイクでの体の使い方、なんとなくイメージ沸いたでしょうか?