スパイクの威力を倍増させる、そんな体の使い方とは?
〜 自分の失敗例 〜 体を使う方向、間違えてました 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>自分の失敗例 〜 体を使う方向、間違えてました

スパイクは「『腹筋』と『背筋』を使え!」は、その通りだったのですが・・・

突然ですが、テレビで全日本の選手のスパイクとか見ていると、打つとき、なんか「クルっ」っと回転しているようなイメージ、ないですか?
他にも「この人、バネある〜」と感じる人程、なんか回転しているイメージ、ありますよね。

自分が、どうしても強いスパイクがうてなくて・悩んでいた頃、たまたま見てたテレビの選手の、この「クルっ」っと回転しているイメージのおかげで、自分のスパイクフォームがダメダメなことに気づけたのですが

その頃の自分のスパイクフォームや状況はというと・・・

  • 真っ直ぐ体を後ろに反って「くの字」にし、そこから背筋と腹筋を使って「逆くの字」にする・・・
  • その体の動作に合わせて、腕も直線的に振り下ろす・・・

そんなフォームで、
そして「強く、強く・・・」と思っても、スパイクを打つときになると「何となく体に力が入らない・・・」というか、「力の入れ方自体がよく分からない・・・」、そんな感じでした。

いちおう、このフォームでも「腹筋」と「背筋」は使っていますよね(汗)。

なので、本人的には「腹筋」と「背筋」は使ってるし、体の力を意識してスパイクは打っているつもりだったにも関わらず、何をやっても、一向にスパイクが強くならない・・・・そんなどん底状態だったのですが

ちなみに、自分のこの「「くの字」から背筋と腹筋を使って「逆くの字」にする縦方向に動くフォーム」に、「クルっ」っと回転しているイメージありますか?

全然ないですよね(汗)・・・。
いま思えば、そんな縦方向のみの動きだから、強いボールが打てなかったのです。

ここまでくると、もうほとんどの人が気づいてるかと思いますが、スパイクの威力をアップする体の使い方って、「体を横回転する力・体をひねる力」、これが、大きなポイントだったんですよね。