そんな2段トスをうまく制御するための、ちょっとしたヒント
〜 2段トスを打つときの「ドライブ」について 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>2段トス時のドライブについて

2段トスではより意識したい「ミートとドライブ」・・・その「ドライブ」について

スパイクの「ドライブ」に関しても、詳しく書くと、また一つのネタ級に長くなってしまいそうなので、詳しくはまた別のところで書くとして、同じく少しだけ触れておくことにしますと。

2段トスを打つ瞬間、ボールをほんのちょっと手の上に乗せてあげるような感覚を持ちながら、腕をかぶせるような意識で打つと、個人的には、足の長い・ドライブが掛かったスパイクになりやすいように思います。
でも、あまり手に乗せよう・乗せようとし過ぎると、今度はスイング自体がうまくできなくなってしまいますので、あくまでも、「ほんのちょっと・感覚程度」という感じで、また試してみて下さい。

また、「コートの奥目を狙って、足の長いスパイクを意識すること」も、「ドライブ」の掛かり易さに一役買ってくれますので、この意識も持っていた方が良いかと思います。

そして、この「ドライブを掛けた足の長いスパイク」は、ネット上のボールの通過点を高くもしてくれますので、ブロックに対しても有効なスパイクになってくれるんですよね。

最後に・・・あとは、何と言っても「手首の力」・・・・ドライブには、これが強いに越したことはないかと思います。
これは、技術的なコツというよりもトレーニングなので、成果を感じられるまでに、ある程度時間は掛かるかと思いますが、ドライブの強さは2段トスだけでなく、スパイク全般に渡って役立つことでもありますので、これを機に「よし!」と思った人は、ぜひトレーニングも平行でやってみて下さい。

ここのまとめ

ホントに長くなってしまい、最後は駆け足気味でしたが、以上、2段トスのスパイクについて、ヒントになりそうなことを書いてみました。

「2段トスのトス」、「助走」、「力のコントロール」、「ミート」など、いろいろなことを書きましたが、苦手に感じている理由は、人それぞれで、人によって「ピン」とくるポイントも全然違ってくるかと思います。

ので、全部が全部でなく、興味を持った一部分だけでもまた試してみて欲しいと思いますし、また、いろいろ書きましたが、まだ書ききれてないこともありますので、読んでいて自分でも何かひらめいたことがありましたら、それもぜひやってみて欲しいと思います。