そんな2段トスをうまく制御するための、ちょっとしたヒント
〜 2段トスを打つときの「ミート」について 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>2段トス時のミートについて

2段トスではより意識したい「ミートとドライブ」・・・その「ミート」について

「ミート」に関しては、詳しく書き出すと、これだけでまた一つのネタ級に長くなってしまいそうなので、また別の場所で詳しく書くことにして、ここでは、2段トスのときに有効になってきそうなヒントに焦点を絞って、少しだけ触れてみたいと思います。

一つは、ボールの落下点がマチマチで、角度がついて上がってくる2段トスだけに、落下点を素早く見極めて合わせるような練習をすると、ミートの改善にもつながると思います。

ボールに入る位置がおかしい  きつい体勢・変なポイントで無理やり打つ  そのためミートが難しい  ふかしてしまう・・・・ということも、2段トスのスパイクでは、けっこうあったりしますので。

実際のスパイク自体はホント軽く合わせるだけ・ちょこんと打つ程度でも、助走からボールの落下点に入るまでは全力で・・・・そして、通常のスパイク・ポイントよりも極端に左右にずれてない・いつものポイントで捕らえることに注意を置きながら、ベストな交点を見つけるような練習です。

この練習をしていると、自分の入るポイントが分かってくるというか、いろんな落下点に落ちてくるボールにでも、「自分の入る位置」と「ボール」のベストな交点を、素早く見つけられるようになってくるので、興味を持った人はまたぜひ試して見て下さい。

もう一つは、「ボールをきっちり引きつけることを意識する」
これは、ボールを引きつけることによって、スパイクを打つときに、ボールが良く見えるようになるためです。

ミートを正確するには、やっぱり「ボールを良く見ること」は、とても大切になってくるかと思うのですが、自分は「今日は、ボールもブロックもホント全然見えないなぁ・・・・」と思うときは、背中の反りがイマイチで、ボールの引きつけが上手くできてないことがホント多いです。

ので、この感覚はいつも忘れないようにと心がけ、個人的にもとても大切にしています。