そんな2段トスをうまく制御するための、ちょっとしたヒント
〜 力のコントロール方法について 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>力のコントロール(1)

思ったよりも難しい「力のコントロール」

「力をコントロール」と言っても、要は自分の加減・調整だけの問題なので、一見、普通で簡単なことのように感じますが、気持ちが乗ってることの多い2段トスだけに、慣れてないと、この「力を7〜8割に調整すること」がけっこう難しいと思います。

特に、チームのみんなが必死でつないでくれた上での2段トスとかだったら、「絶対決める!」って気持ちにもなり易いですし、「力7〜8割」とは思ってても、そうなれば、自分でも気づかないウチに力も入ってしまいますよね・・・・。
しかも、本番の試合とかになれば、ますます気持ちも入り易いので、余計コントロールが難しいかと思います。

自分も、良く言えば気持ちは大切にしたい・悪く言えば気分屋!?プレイヤーなので、気持ちの乗ったボールが来れば来るほど、気持ちと共に余計な力まで乗せてしまい、明後日の方向に打つなんてことも、元々は非常に多いタイプです(汗)。

なので、最近ではもう、自分の中で「同じスパイクでも、2段トスのときと普通のトスのときでは、全く別のプレーのように分けて考える」ようにしています。
サーブレシーブ、スパイクレシーブを同じレシーブだけど、考え方を分けるように、スパイクも、普通のサイドスパイク、クイック、フェイント、2段トスのスパイクってな感じにです。

そうやって、「全く別モノ」と思いながら練習し、そのやり方に慣れてくると、いままでは、「力7〜8割、力7〜8割・・・」と思っていても、いざ打つ時になったら頭の中からそう思ってたことすら、いつの間にか消えることが多かったのに対し、逆に、頭の方が「2段トス → じゃあ、力を抑え目で」と、自動で切り替えてくれるようになりますので、普通のトスとの切り替えがうまく出来るようになってくれるんですよね。

「別のプレーとして考える」・・・・ホントちょっとしたことですが、こうやって頭の方で切り替えてくれるようにしておけば、ラリーが続いたりで、いろいろと他のことを考えた後のスパイクでも、けっこう対応は効きますし、気持ちとプレーを切り離して制御し易くもなりますので、とても楽に感じるようになりますよ。