2段トスを打つとアウトになり易い、その原因とは?
〜 原因を探ると2段トス攻略のヒントが見えてくる? 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>ふかし易い原因(1)

【原因:その1】は、ボールに蓄えられたエネルギー!?

2段トスのトスは、トスをする場所にもよると思うのですが、たいていは、いつものトスより遠い位置から、そして高めのボールが上がってきますよね。

そのため、いつものふんわりトスよりも、2段トスの場合、ボール自体に「大きなエネルギー」が蓄えられてるかと思います。
(このエネルギーについては、理科というか物理的な話・・・・位置エネルギーとか、運動エネルギーとか、ややこしい話になってしまいますので、ここでは省略しますが・・・)

ただ、これは実生活でも、同じ重さのボールでも、低い所から落としたボールよりも、例えば3階くらいの、より高い所から落としたボールの方が、重いし痛いですし、そんな所からも、高いところから落ちてくるボールの方が、たくさんエネルギーが蓄えられているということが感じられますよね。

この「ボールに大きなエネルギーが蓄えられてること」自体は何の問題もなく、むしろ、このボールをフルパワーできちんと打てれば、それはそれは凄いスパイクにはなるはずなのですが・・・・問題は、その「きちんと打てるか」というところになってきます。

ということで、この「2段トスのボールには、いつもより大きなエネルギーが蓄えられている」ということだけ、ちょっと一端、頭に置いておいて、次へいくと・・・。