2段トスを打つとアウトになり易い、その原因とは?

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>2段トスを打つと・・・その原因とは?

〜 はじめに 〜

ここまでは「トス」と「助走」という部分から、2段トスのスパイクについて簡単に書いてみましたが、ここからは、本題のスパイク部分について、書き進めてみたいと思います。

突然ですが、普通のトスなら打てるのに、2段トスになると急にボールが収まらず、アウトになってしまうという心当たりのある人、けっこういませんか(笑)?

スパイクを打ち始めた頃の自分がまさにそうでした・・・・2段トスになると打てばアウト・打てばアウトの繰り返しで、チームのみんなには、相当ご迷惑をお掛けした気がします(汗)。

というよりも、その頃の自分のスパイクというのは、「とりあえず勢いのあるボールが打てればいいか」レベルだったので、あまり何も考えておらず、2段トスのスパイクは全体的に渡って、とにかく成功率が最悪で・・・・ネットに引っかかることも多ければ、途端に力のないスパイクになったり、いま思うとホント全然ダメダメでした。

ただ、その中でも、やっぱり「ふかしてしまう」というミスが断トツに多く、悩んたり考えてる時間も・修正するのに掛かった時間も、やっぱり一番だった気がします。
いまでも、たまにハマることけっこうふかすこともあるので、まだ修正完了してない気もしますが(汗)・・・・。

(ちなみに、まだバレーを始めたばかりの人にはこの「ふかす」という言葉は、あまり馴染みがない言葉かと思いますが、スパイクなどをうまくミート出来ず、「ボコっ」とか「ドカっ」という音を立てて、浮き球のようになることを、バレーではよく「ふかす」と言います。)

ということで、ここからは、2段トスを打つにあたって、その一番厄介かと思われる「ふかしてしまう」ということを中心に、その原因から対策になりそうなネタを、いろいろと書いてみたいと思いますので、同じような心当たりのある人は、ぜひまたヒントになりそうな部分は、試してみて下さい。

まずは「アウトになり易い・ふかし易い原因」からいってみたいと思います。