2段トスを打つときの「トス」と「助走」について
〜 2段トスになったときの「助走」のひと工夫 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>2段トス時の助走のひと工夫

助走は、普通のトスよりも「気持ち」かぶり目に?

トスに引き続き、「助走」についても簡単に触れてみたいと思います。

初めにちょっと書いた、「2段トスのトスは離しめで」ということが、前提でお話なのですが、ネットから離れ目のトスになると、あたりまえですが、打つボールはいつもよりネットとの距離が離れています。

といよりも、トス専門のセッターではない、他の人が上げることが多く、また、角度がついてる2段トスだけに、普通に上げたとしても、ボールがネットから離れてしまう場合もけっこう多いですよね。

そのため、普通のトスのときと同じ打ち方で、同じ角度のスパイクを打てば、ネット上を通過するボールの位置も、確実に低い位置を通過します。

普通のトスのときと、2段トスのときでの、ネット上を通過するボールの通過点の違い

その結果、普通はやっぱりネットに掛かることも多くなってしまいますよね。
非常に打点の高い人だったら問題ないかもですが・・・・。

また仮に、うまくネットに掛からず打てたとしても、今度はもう一つの大きな問題・ブロックが待ち構えてます。
普通のトスのときと、2段トスのときでの、ブロックの様子 そしてまた厄介なのが、このブロックは【トス編】でも書いたように、2段トスの場合、ブロック側も準備する時間が多くありますので、いつもより強力なブロックが、より枚数揃えた状態で待ち構えているのです。

その結果・・・
「準備万端で、枚数が多いブロック」 × 「通過点の低いスパイク」 = 「真下」

という、悲しい図式がどうしても多くなってしまうかと(汗)・・・・。

そんな理由で、2段トスのスパイクには、できるだけ「通過点が高く」、「足の長いスパイク」が必要になり、そのための対策としての「かぶり目助走」です。

スパイクの助走を少しかぶり目にするのには、「足の長いスパイクが打ち易くなる」のと、「ボールを少し高い位置で捕らえることができるので、打点が高くなる」という、メリットがあるためで、特に、普段のスパイクを前目のポイントで打っている人には、この効果は大きいかと思います。

とは言っても、あまり意識し過ぎて、かぶり過ぎてしまっても、それもまた打てなくなったり、また、ふかす原因にもなってしまいますので、「気持ち程度に」くらいが良いかと思いますが・・・・。

あとは、これには、プラスして「ドライブをきちんと掛ける」ということも必要にはなってくるのですが、この「ドライブ」関しては、また後で出てくると思いますので、後ほどということで。

ので、「2段トスになると、ブロックやネットに掛かることが多い」という人は、まずは練習とかで2段トスを打つ機会などに、ちょっと「かぶり目で、足の長いスパイク」を意識して、練習してみて下さい。