2段トスを打つときの「トス」と「助走」について
〜 「2段トス」のトスについて 【その2】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>2段トスのトスについて 【その2】

もう1つは、味方スパイカーに対する心使いから

もう一つの理由としては、味方スパイカーに対する配慮からなのですが、2段トスの場合、トスが多少前後することも想定して、アタッカーは感覚的にいつもより長めに助走をとっているかと思います。

そのため、トスがネットに近くなると、何となくネットに突っ込んでしまうような感覚にも襲われますし、また、トスに角度がついたネットに向かってのボールが上がってきますので、余計にネットが気になり、うまくジャンプ出来ないように思います。

まれに、スパイクのジャンプが直上飛びの人・器用な人で、トスが近くても上手く処理する人もいますが・・・・。

ただ、打ちづらさを感じる人の方が断然多いとも思いますし、トスを上げるのが確実なセッターでない場合も多い2段トスだけに、安全性などを考えた上でも、やっぱり2段トスは「ネットより少し離し目」で、そのトスに合わせて、助走の入り方や打ち方などを練習していった方が良いような気がします。

ここのまとめ

以上、まずは本題のスパイクの前に、簡単ではありますが、2段トスの「トス」について少しだけ触れてみました。

このような「相手ブロック」、「味方スパイカー」に対する理由や、確実性からも、やっぱり「2段トス」は基本通り「ネットより少し離し目」で統一するのが一番良いのかなと思います。