2段トスを打つときの「トス」と「助走」について
〜 「2段トス」のトスについて 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>2段トスのトスについて 【その1】

上げるトスは「ネットから少し離し目」でと、顧問の先生によく言われたが・・・。

最初から、ちょっとスパイクとは離れてしまいますが、2段トスのトスも、スパイクを上手くさばくためには、けっこう重要な要素になってくるかと思いますので、最初に2段トスの「トス」についてちょっとだけ書いてみたいと思います。

2段トスは、「ネットより少し離し目で」とよく言われますが、それには、やっぱりそう言われる理由があるかと思います。

苦手と思う人も多く、普段とちょっと違ったトスを打つプレーだけに、誰しも、なるべくいい状態・なるべく確実な方法でがいいと思いますので、その理由を少しだけ見てみますと・・・・。

1つは、「相手ブロッカー」に対する理由から

2段トスのトスを、ネットから離し目に上げてもらう理由には、まず一つは、「相手チームのブロッカー」に対する理由があると思います。

2段トスになるような場合は、レシーブが乱れた時点で、2段トスになりそうなことが相手ブロッカーにも分かってしまいますし、そしてトスが上がる場所も、ブロッカーにはなんとなく予測し易いトスです。

しかも、高めの大きなトスが上がってくるため、ブロッカーが準備する時間も十分あります。

そのため、トスが近ければ、そんな準備万端なブロックに上から押さえられてしまうことも多くなりますし、さらに、ブロックには余裕がありますので、枚数が揃うことも多く、「トスが近くてブロックきっちり」なんて状況にもなりやすいトスかと思います。

そうなれば、スパイクを抜くコースはほぼ無くなってしまいますよね。

ただでさえ、2段トスは、見づらくて・合わせにくいトスなのに、その状況はけっこうキツイかと思います。