2段トスを打つときの「トス」と「助走」について

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタスパイクのあれこれ>2段トスを打つときの「トス」と「助走」

〜 はじめに 〜

ここからは「2段トスのスパイク」について、いろいろ書いてみたいと思います。

2段トス・・・・得意とする人には、普通のトスと何ら変わることなく処理できるかと思うのですが、普通のトスなら打てるのに、2段トスになるとちょっとイヤかも・・・・という人も、けっこう多いのではないでしょうか?

苦手な原因には、「合わせるのが難しい」、「ふかしやすい」、「ミートが難しい」、「なんとなく打ちづらい」、「ブロックが強い」など、人によって理由もいろいろかと思います。

特に、スパイクを打ちつけるタイプの人や、速攻を主とするセンタータイプの人は、普段のスパイクとちょっと違った打ち方になるため、余計やりずらさを感じるかもしれません。

ただ、試合とかになれば、相手チームも必死でこっちを崩そう・崩そうとしてくるはずなので、そういつもキレイな攻撃ができるわけでもなく、2段トスになってしまうことも、けっこうありますよね。

ということで、ここでは、そんな、苦手に感じる人も多いけど、厳しい試合になればなる程増えてくる、「2段トス」について、いろいろと書いていけたらと思います。

苦しいときにこそ、真価を発揮するこの「2段スパイク」・・・・レフトやライトのサイドアタッカーが、この2段トスをきっちり打ちきれると、チームはとても安定しますし、チームメイトからの信頼も、きっとバツグンに上がるはずですよ(笑)