「ブロックカバー」って地味だけど、実はとっても大切なプレー!

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>「ブロックカバー」って地味だけど、実はとっても大切なプレー!

ブロックカバーとは、また地味なテーマを・・・と思った人もいるかもですが
前からなんとなく、ブロックカバーについて書いてみたい・・・とは思っていたので、ちょっとこの機会に書いてみました。

突然ですが、対戦相手として「このチームやりづらい!」と感じたり、「チームとしての強さ」を感じるチームは、必ずと言ってもいいくらい、このブロックカバー、しっかりしてたりします。

ブロックで「仕留めた!!」と思っても、仕留め切れなかったときのあのガッカリ感・・・
それが、何度も何度も繰り返し続くと、そのウチ根競べみたいになってきて、ホント精神的にも参ってくるんですよね(笑)。

「このチーム、しんどいかも・・・」と、いい意味でイヤな印象にもなりますし、「長丁場になるかもね」と、警戒レベルも跳ね上がります。

逆に、ボールがあっさり落ちるチームは、「点数を取るのが楽」な印象があり、精神的にも楽です。

そして、ブロックカバーが良いチームは、やりづらくて、しんどくて、イヤな相手なんだけども、不思議と試合をしてて楽しい相手でもあったりもします。

そんなチームは例外なく、結束が強く・勢い感じますし、どことなくいい雰囲気で、結局は「いいチーム」なんですよね。

そう思うのは自分だけですかね(笑)?

「ブロックカバーが良いチーム」=即「いいチーム」ってわけではないですが、「いいチーム」の条件の一つには、確実に「ブロックカバーが良い」が入ってくるかと思います。

ということで、ここではそんな「いいチーム」の条件の1つ、「ブロックカバー」について、あれこれ書いてみたいと思います。