レシーブは出だしの一歩が命!だけど、その一歩が出ないという人は・・
〜 レシーブのとき「より動けるように」なるための、ちょっとした心がけ 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>レシーブのとき「より動けるように」なるための、ちょっとした心がけ

自分が「より動けるように」しているレシーブの心がけを、ちょっとご紹介

自分もレシーブは「やっぱり足を動かしてナンボ」、「足を出して拾える範囲のボールは、動いて拾うのが基本」という意識は常に持っていますが

そんな自分が、レシーブの前に「より動けるように」ひとつ心掛けていることがあります。

それは、レシーブの前・構えてボールを待っているときは、常に足を「右・左・右・左・・・」と、体を揺らしながら、足を動かしておく・・・ってことです。

これ、ホントちょっとしたことで、全然大したことではないのですが
ただ、これをやると・やらないのでは、自分の場合、レシーブの動き出しが全然変わってくるんですよね。

たまに、ボーっとしてて、この動きを忘れてると、レシーブのとき、足が思うように出ず、つまずいて転びそうになります(汗)・・・。

そしてこれ、スパイクレシーブのときは、コースを微調整しながら、常に動いているので、あまり関係ない話なのですが、この動きが生きてくるのは、特にサーブレシーブのときなのです。

サーブを待ってる時間って、どうしても「相手待ち」になるため、体も無意識に「待ち状態」にもなりやすく、その分、足もベタ足だったり、お休みモードになりがちなんですよね。

「えー、こんなの知っているよー!」っていう人も多いかな?もう既にやってる人もたくさんかな?とも思ったのですが、逆に、レシーブのとき、ベタ足でボールを待ってる人もけっこう多く見かけるので、最後に少しだけ、そんな「お休みモード防止」のちょっとした心がけ・動きを加えてみました。

変化が大きいサーブや、速いジャンプサーブになると、もう太刀打ちできない・・・って人には、けっこう有効かと思いますので、そんな人は、ぜひこんな動きも試してみてください。

止まっているところから動くのより、動いているところから動き出す方が、想像以上に全然楽ですよ(笑)。

また、上で書いたようなクセがなかなか治らず、スムーズな動き出しができない・・・って人にも、効果的なだと思いますので、そんな人もぜひお試しを!