フライングレシーブは、そんなに難しくない!?習得のちょっとしたコツ
〜 床が気にならなくなったら、あとは実践!・・・その際のコツとは? 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>実際フライングする際のコツ

「順々に着地する」イメージが、のちに流れるようなフライングレシーブに!

敷居が低くなったら「とにかくやってみること!」・・・フライングではこれが大事なのですが、最初はなかなかうまくいかないと思います。

というか、どんな上手い人でもはじめは、不細工なフライングからスタートしてるはずなので、変でも・不細工でも全然OK!
ただ、フライングをするとき、次の動きやイメージを持ちながら、やってみて欲しいと思います。

まず、フライングの入り口の腕は、肘を折って・サポーターが先頭に来る状態にします。

その状態で、肘 → 胸 → 腹 → 腰 → 足 の順番で、順々に床に着地することをイメージしながら、フライングの動きをしてみてください。

最初はもう、床スレスレのとっても低い位置からでもいいので、アゴを床にぶつけないことに気をつけながら、このイメージを持ったままフライングの動作を繰り返し、そして、体にその動きを覚え込ませていくのですが

ポイントは「痛くない肘から、順々に全身を着地させていく」ところに。
こうすることで、床にダイブした威力を徐々に吸収しできるため、体を床に強くぶつけることなく、スムーズに滑ることができるんですよね。

そして、この動きを体が覚えると、結果、あの流れるような華麗なフライングレシーブになっていくんです。

どうです?何となくイメージはできたでしょうか?