フライングレシーブは、そんなに難しくない!?習得のちょっとしたコツ
〜 フライングの難易度をぐっと下げてくれる秘密兵器はこれ! 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>フライングレシーブの秘密兵器

フライングレシーブに最適なアイテム・・・それは「肘サポーター」!

どこかのネタでも書いたかな?と思いますが、フライングレシーブの上達・習得に、ぜひおすすめで、ものすごく役立つのが「肘サポーター」です。

摩擦保護用の薄いのではダメで、あの厚いパッドが入ったタイプのヤツなのですが 何がいいかって・・・それは「肘サポーター」を着けていると、床にぶつかっても全然痛くないんですよね。

普段では「ゴキっ」とか言って悶絶しそうな落ち方をしても、ほとんど痛くない・・・・ 痛くなければ、自然と「恐怖心」も減る・・・・ 「恐怖心」が減れば・・・・練習する気にもなりますよね。

そして、恐怖心さえ無くなれば「なんとなくイヤだ」とか、「なんとなく難しそう」とかいう感じも同時に無くなりますので、フライングに対する「敷居」は、ぐっと下がります。

ということで、フライングレシーブには「肘サポーター」・・・・まずは、ぜひこれを試してみて欲しいなぁと思います。

ただ、肘が痛くなくなったからといっても、他のところをぶつければ、相変わらず痛いままですし、「よし!そのままフライングをしよう!」って気には、あまりならないですよね(汗)。

ので、次からは「実際のフライングはどんな風にすれば??」という、もう少し具体的な話に進みたいと思います。

次の段階では、今度はその「痛くない肘」を使って、自分のフライングレシーブの型を作っていく・・・・そんな話になってくるのですが、そこには、ちょっとしたコツがあるのです。