フライングレシーブは、そんなに難しくない!?習得のちょっとしたコツ

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>フライングレシーブ習得のコツ

〜 はじめに 〜

フライングレシーブ・・・本当に困ったときの秘密兵器的なプレーですが、うまい人はホント形が綺麗ですよね。

こう流れるような華麗な動きで、遠く離れたボールも下から救い上げてしまう・・・・「あぁ、あんな風にフライングできたら・・・」と、憧れる人も多いプレーかと思います。

また逆に「自分にはあんなの無理だ・・・」と、見た目で諦めてしまっている人も、いるんじゃないでしょうか?

えー、ちなみに自分も思いっきりそうで、「床にダイブするなんて、ありえん!無理!それくらいなら、もっと足を動かして拾う」・・・・と、最初の頃は思ってました(笑)。

そんな自分が、なぜフライングをすることになったか・・・は、とりあえず置いておいて、確かに、フライングレシーブは応用的なプレーですし、一見、難しそうにも見えるのですが、ただ、このフライングにも、やっぱりコツはあると思いますし、そのコツさえ分かってしまえば、個人的は、後は練習して・慣れてしまうだけのプレーのような気がするんですよね。

そして、センスとか全然関係なく、やり方や練習次第では、誰にでも身につけられるプレーだと思います。

ということで、ここではそんな「フライングレシーブ」について、またいろいろと書いてみたいと思いますので、興味がある人は、またお付き合いいただけましたらと思います(笑)。