「レシーブの安定性UP」のための ちょっとしたヒント
〜 個人的におすすめの「安定するレシーブ形」 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>おすすめの安定したレシーブ形

最後に、個人的におすすめの「安定するレシーブ形」を一つ紹介します

最後に、ちょっとおまけ的ですが、自分が「やっぱりこの形、いい!」、「安定する!」と思った、レシーブ形を一つ紹介したいと思います。

レシーブの形って、基本的に守った方が良いルールはあっても、出来上がりは人それぞれ・自分にしっくりくる形に落ち着くかと思うのですが、もし自分の形作りで悩んでいる人がいましたら、また参考にしてみてください。

それは おすすめの「安定するレシーブ形」 こうやって並べてみると、下手なコサックダンスにも見えますが・・・・一応、レシーブの形として見てください。

これは、自分が愛用しているレシーブ形で、しばらくバレーを離れてて・怠けた体になったとき、この形が出来なくなって、初めてこの形の良さを実感したのですが、この形は、体を預けている足が、ボールを受けるときの支えになってくれますので、ボール際でとてもレシーブが安定します

そして、この形をしてみると良くわかるのですが、レシーブの腕を、外側から回り込ませ易いんですよね。
そのため、強いスパイクボールでも、外側に弾かれにくく、ボールの勢いに負けにくいという良い点もあります

プラス、この形をするには自分の上半身は、かなり体の端っこまで動いてますので、その分、レシーブ範囲も広くなりますし、レシーブする位置・重心もかなり低いため、足元に来たボールでも普通に対応できます

また、サイドの速くて・厳しいボールには、ギリギリまで喰らいついて、そのまま横に転がることも出来ますので、その分、きわどく・厳しいボールにも、けっこう強いです

などなど

これだけ見ても、けっこうメリットあるかと思います。