スパイクレシーブのちょっとしたコツ 〜 第3弾 【気持ち編】
〜 どうしてもボールが恐かったらこんな手も 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>ボールが恐かったらこんな手も

もし、どうしてもボールが恐いという人がいましたら、こんな手も

もし、どうしても「スパイクのボールが恐い」という方がいましたら、スパイクレシーブのときだけ、最初はオーバーの構えで待つようにしてみるってのも、一つの方法だと思います。

最初は、顔の前に手を置いた・オーバーレシーブの構えで待っておき、下方向に来た普通のレシーブボールは、アンダーの構えに移行するような方法なのですが

ところで、何が恐いって、やっぱり、当たれば痛そうなスパイクが、来ても手が出せない速さで来るかも!?ってことで、そして、一番恐さを感じるところと言えば・・・・やっぱり顔ですよね(笑)。

その点、最初から顔の前に手を出しておけば、最悪、顔はそのままの構えで守れるので、恐怖心は減りますし、恐さを感じなくなれば、レシーブの構えや型を崩すことも少なくなるかと思います。

慣れるまでは、ちょっとやりずらいかもしれませんが、自分が知っている「レシーブの上手いなぁ」と思う人の中にも、昔からのクセで、その「最初からオーバーで待つ構え」の人もいるくらいですので、慣れてしまえば全然ありだと思います。

ので、「どうしてもスパイクのボールが恐い」という人は、ぜひ、この方法も試してみて下さい。

ここのまとめ

以上、スパイクレシーブについて、「コースの読み」、「構え」、そして「気持ち」の3つに分けて、いろいろと書いてみました。

この「コース位置取り」で素早くボールのコースを読み、しっかりボールの勢いを押さえること、この2つを意識するだけでも、「スパイクレシーブ」のやり易さ・精度は全然違ってくるかと思います。

最初から「全部やるぞ!」と思っても、ちょっとごちゃごちゃしてしまうかもしれませんので、出来そうな部分からでも、ぜひ軽い気持ちで、また取り入れてみて下さい。