スパイクレシーブのちょっとしたコツ 〜 第3弾 【気持ち編】

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>スパイクレシーブのコツ 第3弾

〜 はじめに 〜

第3弾としまして、ちょっと番外編的ですが、スパイクレシーブのときにおける、「気持ち的なこと」について、最後に簡単に書いてみたいと思います。

スパイクのボールは速いですし、また、場合によっては至近距離から飛んでくることもありますし、「恐い」と感じる人にとっては、イヤなもんですよね。
当たれば痛いですし、イヤな人にとっては逃げたくもなるプレーかと思います。

ただ、恐がる気持ちが先行すれば、どうしても体は逃げようとしますので、レシーブの体勢は崩れますし、そうなれば、スパイクの勢いに負けて、ボールを後ろに弾いてしまうことも多くなります。

そして、スパイクレシーブの度に、毎回体勢を崩すことになりますので、どうしてもクセになり易いですし、そうなれば、レシーブが安定しない悪循環にもつながってしまいますよね。

ので、最後に、ちょうどいい実例!?と伴に、「ボールを恐がる気持ちがこんな風にも・・・・」ってことを、ちょっとだけ書いてみたいと思いますので、少しでも「恐がらないように」と思う手助けになってくれたら・・・・と思います。