スパイクレシーブのちょっとしたコツ 〜 第2弾 【レシーブの瞬間編】
〜 その他、スパイクレシーブに役立つ心がけ 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>+α役立つ心がけ(1)

サイドに飛んできたボールは「外側の腕をしっかり締める意識」を

コースを読み間違えてしまったり、また、コースにしっかり入っても、真っ直ぐスパイク飛んでくるとは限りませんので、腕を横にしてレシーブすることは、スパイクレシーブでは、けっこうあることかと思います。

そんな、レシーブする腕が横になってしまった場合は、「外側の腕を締めるような意識」を持つようにしてみて下さい。

この意識の良いところは、外側の腕を締めることで、レシーブする腕が若干強くなりますので、不安定なサイド・レシーブでも、ボールを後ろに弾きにくくなるという点です。
たまに自分も「ボーっ」としてて、急に来たボールに対応するときなど、この意識をすっかり忘れていることがあり、そんなときは、よくボールを弾いてしまいますが(汗)・・・・。

そして、完全なレシーブポイントでボールを受けることができず、多少ミートポイントがずれてしまった場合でも、この意識があると腕に粘りがでますので、何とか上に上がってくれたりで、ボールが生きる確率も高くなります

なので、「後ろに弾かれることが多いなぁ」と感じる人は、ちょっとしたことですが、このインパクトの瞬間・ボールを受ける瞬間に、右側のボールなら右腕を、左側のボールなら左腕を、もう肩の周辺くらいから「グッと」内側に締めるな意識を持つことを、また試してみて欲しいと思います。