スパイクレシーブのちょっとしたコツ 〜 第2弾 【レシーブの瞬間編】
〜 スパイクボールをうまくレシーブする工夫とは? 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>ボールを弾かれない工夫(1)

インパクトの瞬間は腕を一瞬だけ引き、ボールの勢いを殺すような意識で

スパイクには勢いがあり、強烈なスパイクほどボール自体に大きなエネルギーが蓄えられてますので、普通にレシーブしただけでは、どこか変な方向や相手コートに飛んでいってしまいますよね。

また、勢いの強いボールに硬いレシーブでいってしまえば、ボールには横に逃げようとする力が発生しますので、それもそれで、弾かれる原因になってしまいます。

せっかくコースに入って、なんとかスパイクを捕らえることが出来たとしても、最後の最後、フィニッシュの段階で上手くボールを処理できなければ、もったいないですよね。

そこで大切になってくるのが、「ボールを受けた瞬間に、いかにうまくボールの勢いを殺せるか」ということ。
スパイクレシーブのインパクトにおいては、この「どうやってボールの勢いを殺すか」が、非常にポイントになってくるかと思います。

そのスパイクボールの勢いを殺す方法には、「レシーブのインパクトの瞬間に、腕を一瞬だけ引くようにしてボールの勢いを殺す」という、スパイクレシーブにはとても有効な方法がありますので、その方法を断然オススメします。

慣れてくればこの方法で、面白いようにスパイクの勢いを抑えられるようになりますので、スパイクレシーブには打ってつけの方法だと思うのですが・・・・。